Amazon.co.jp ウィジェット 予防手段 - パンデミックの到来! 恐怖のインフルエンザをご存知ですか?

パンデミックの恐怖のインフルエンザの到来が話題に成っています。

予防手段

予防手段として・・・  

一般的な方法として最も効果が高いのはワクチンを使用した予防接種である。

インフルエンザワクチン  

ワクチンは身体の免疫機構を利用しウイルスを分解・精製したHA蛋白などの成分を体内に入れることで抗体を作らせ、本物のウイルスが入ってきても感染させないようにする。

また、ワクチンの接種により仮にインフルエンザにかかったとしても軽症で済むとされるが、個人差や流行株とワクチン株との抗原性の違いにより、必ずしも十分な効果が得られない場合もある。
投与手段は皮下注射や筋肉注射であるが、米国では鼻噴霧式のものも認可されている。

効果は免疫力に比例するため青年者にはもっとも効果が高いが、若齢者・高齢者は免疫力が低いので効果も低くなる。
また過労、ストレス、睡眠不足や不摂生な生活をすれば身体の免疫力そのものが低下するのでワクチンを接種したから大丈夫と過信してはいけない。

''ワクチンの製造には6ヶ月程度かかるため''、次の冬に流行するウイルス株を正確に予測することは難しい。
ウイルス株が変異していればその効果はいくぶん低下するが、アフィニティーマチュレーション(抗原結合能成熟)によりある程度の免疫効果が期待できる。
これは弱毒生ワクチンよりも不活化ワクチンの方が効果がある。
しかし抗原型の一致・不一致にかかわらずもともと免疫のない若齢者では弱毒生ワクチンの方が有効とされている。

感染歴のある成人では、交差免疫により生ワクチンウイルスが増殖する前に排除され免疫がつかないこともある。このような場合は、不活化ワクチンの方が高い効果が得られる。

ワクチンの接種料金は3〜6000円程度。料金は医療機関によって異なり、健康保険の法定給付の対象外である。

健康保険組合国民健康保険組合等では保険者独自の給付として、被保険者や世帯主に対し接種費用の助成を行う場合もある。

又、65歳以上の高齢者、60〜64歳で心臓、じん臓若しくは呼吸器の機能に障害があり、身の周りの生活を極度に制限される人、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり日常生活がほとんど不可能な人については予防接種法上の定期接種に指定され、多くの自治体に於いて公費助成が行われている。

日本では年末になるとインフルエンザワクチンの品不足が毎年のように起きていた。
これは一部の医療機関による買い占めが原因で返品制度に問題があると言われてきたが、販売元がワクチンをワクチンメーカーから買取り制にしたり一部流通分を不足した場合に融通するため確保しておくなどの努力の結果、かつてのようなワクチンの品不足は解消されてきている。

現行の皮下接種ワクチンは感染予防より重症化の防止に重点が置かれた予防法であり、健康な成人でも感染防御レベルの免疫を獲得できる割合は70%弱(同時期に2度接種した場合は90%程度までUP)である。
なお、感染防御レベルの免疫を得られなかった者の中で発症しても重症化しないレベルの免疫を獲得している割合は80%程度とされる。
100万接種あたり1件程度は重篤な副作用の危険性があることなども認識しなければならない。
なお、免疫が未発達な乳幼児では発症を予防できる程度の免疫を獲得できる割合は20-30%とされ、接種にかかる費用対効果の問題や数百万接種に1回程度は重篤な後遺症を残す場合があることを認識した上で接種をうける必要がある。

米家族医学会では「2歳以上で健康な小児」への接種を推奨している。
乳幼児の予防のためには、本人がワクチンの接種を受けるよりも、家族がまず接種を受け、家族内でうつさない、流行させない体制を作る方が有効であろう。

インフルエンザワクチンの接種不適当者(添付文書には「予防接種を受けることが適当でないもの」とされるが、通常の薬剤における「禁忌」に相当する)は
1.明らかな発熱を呈する者、
2.重篤な急性疾患にかかっている者、
3.本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあるのが明らかな者、
4.上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者である。

循環器、肝臓、腎疾患などの基礎疾患を有するものや痙攣を起こしたことのある者、気管支喘息患者、免疫不全患者などは接種に注意が必要な「要注意者」とされる。

かつてはこれらのような患者には予防接種を「してはならない」という考え方が多かったが、現在ではこれらの患者こそインフルエンザ罹患時に重症化するリスクの大きい患者であり、予防接種のメリットがリスクよりも大きいと考える医師が多くなっている。
インフルエンザワクチン不活化ワクチンであるため、免疫不全患者に接種してもワクチンに対して感染を起こす心配はない。しかし、効果が落ちる可能性はある。

また、インフルエンザワクチンは鶏卵アレルギーの患者にも接種の際に注意が必要であるとされ、一部の施設では接種自体行っていない。
この点についても施設によっては皮内テストなどを行った上で接種する、2回に分割して接種する、エピネフリンおよび副腎皮質ステロイド製剤を準備した上で慎重な観察の下に接種するなどの工夫をして接種を行っている。

かつては日本でも学校で集団接種が行われていたが、鶏卵アレルギーの問題のため現在は任意となっている。インフルエンザ自体に対する集団接種の効果はある程度はあるものの、費用対効果あるいはリスク対効果の点では不明である。

弱毒生インフルエンザワクチン  

点鼻ワクチンであり、針を介さないため針を好まない方に有用である。
また、生ワクチンであるが故、抗体の定着も良好。
適応は5歳以上、50歳未満。禁忌は不活化ワクチンとは対照的に慢性的な循環器・腎臓・呼吸器疾患や代謝疾患、血液疾患、易感染性の者、妊娠している女性、ギラン・バレー症候群を既往に持つ者。
副作用で頻繁に起こりうるのは鼻炎や感冒症状。
日本では未承認である。
よって輸入ワクチン取扱い医療機関にて申込み、全額自己負担での接種となる。

なおいずれのワクチンもどんな病院でも接種が可能というわけではないので、各自治体の医師会ホームページなどで公開されている予防接種実施医療機関を調べておくことをお勧めする。

インフルエンザウイルス薬の予防利用  

治療用の薬であるオセルタミビル(商品名タミフルカプセル75)ザナミビル(商品名リレンザ)は、予防用としても使用認可されている。また予防薬としての処方は日本では健康保険の適用外であり、原則的な利用条件が定められている。

インフルエンザ感染症を発症している患者の同居家族や共同生活者(施設などの同居者)が下記のような場合には、タミフルのカプセル製剤を1日1回、予防使用することが認められている(7〜10日間、継続して服用する)。
なお、健康成人と13歳未満の小児は予防使用の対象にならない。

'※2008年4月現在、政府は新型インフルエンザワクチンとして「タミフル」の備蓄を推進しているが、2800万人分しか準備出来ていないのが現状である。'

・高齢者(65歳以上)
・慢性呼吸器疾患患者、又は慢性心疾患患者
・代謝性疾患患者(糖尿病など)
・腎機能障害患者
・リレンザの予防投与では、その対象が「原則としてインフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族または共同生活者である次の者:

・高齢者(65歳以上)
・慢性心疾患患者
・代謝性疾患患者(糖尿病等)
・腎機能障害患者

その他の感染予防対策  

薬よりも手洗いやマスクの着用といった物理的な方法が効果的。
しかし、前述のように完全に予防することは出来ないので注意が必要である。

部屋の換気をこまめに行う。
また、部屋の湿度を十分保つことが大事である。
これにより、飛沫核感染の確率を大幅に減らすことが可能である。
予防効果としての「うがい」は、うがい薬やお茶を使用することである程度有効ではある。

ただし''ウィルスは口や喉の粘膜に付着してから細胞内に侵入するまで20分位しかかからないので人ごみから帰ったら即座にしなければうがいの''効果は期待できないとする意見がある。

一方、水道水によるうがいは有意に風邪の感染を減少させるという研究結果が発表されている。
この研究ではヨード液によるうがいは効果が見られなかった。
感染の可能性が考えられる場所に長時間いることを避ける必要がある。
人ごみや感染者のいる場所を避けるなど。
免疫力の低下は感染しやすい状態を作るため、栄養や睡眠を十分とることが大事である。

ウイルスは日光や消毒薬に非常に弱いため、衣類に唾液・くしゃみ等が付着したものからの感染は考えにくいが、一応こまめに洗濯した方がよい。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional