Amazon.co.jp ウィジェット 疫学 - パンデミックの到来! 恐怖のインフルエンザをご存知ですか?

パンデミックの恐怖のインフルエンザの到来が話題に成っています。

疫学

疫 学  

感染経路は咳・くしゃみなどによる飛沫感染が主であり、経口・経鼻で呼吸器系に感染する

ただし、飛沫核感染(空気感染)や''接触感染''など違った形式によるものもある。

予防においてはマスクが大変有用であり飛沫感染に対しては特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。
マスクのみでは接触感染を防ぐことができないため、手洗い などの対策も必要である。

潜伏期間は1〜2日が通常であるが、最大7日までである。

感染者が他人へウイルスを伝播させる時期は発症の前日〜症状が軽快してのちおよそ2日後までである。

症状が軽快してから2日ほど経つまでは通勤や通学は控えた方がよい。
A型インフルエンザはとりわけ感染力が強く、症状も重篤になる傾向がある。

まれにA型、B型の両方を併発する場合もある。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional