Amazon.co.jp ウィジェット インフルエンザのルート解析 - パンデミックの到来! 恐怖のインフルエンザをご存知ですか?

パンデミックの恐怖のインフルエンザの到来が話題に成っています。

インフルエンザのルート解析

新型インフルエンザのルート解析  

毎年流行するインフルエンザのウイルスは「東南アジアで誕生し、ヨーロッパや北米に広がり、南米で終焉をを迎える」と考えられる事が、日米欧豪の国際共同研究チームの解析で分かってきた。

発生地域の監視を強化することで、新たな流行の予想とワクチン株選定に役立つ可能性が有ると言います。

インフルエンザは変異を繰り返しており、遺伝子などを調べることで進化の過程を辿ることが出来ます。

解析に用いたのは、世界保健機構(WHO)の国際インフルエンザ監視ネットワークによって2002年から2007年5年間に収集された、「A香港型ウイルス」約1万3000株。

研究チームはウイルスの表面たんぱくの構造や遺伝子の塩基配列といった特徴と、流行時期、場所から相互の関連を調べました。

その結果、さまざまなA香港型ウイルスが東アジア、東南アジア地域で発生し、6−9ヶ月遅れて欧州、北米、オセアニアに伝わり、さらに数ヶ月遅れて南米に到達していました。

南米到達が遅れる理由はアジアとの直接的な人間の行き来が他の地域より少ないためではないかと考えられます。

南米に到達したウイルスはそれ以上進化せずにそこで消滅していました。

「国際的なネットワークでウイルスの動きが系統的に把握出来たし、東南アジア諸国ではあまり重要視されていないが、国際的には重要性が高い」と考えられます。

>>新型インフルエンザの世界的流行(パンデミック)を予防するN95マスク<<

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional