Amazon.co.jp ウィジェット インフルエンザ - パンデミックの到来! 恐怖のインフルエンザをご存知ですか?

パンデミックの恐怖のインフルエンザの到来が話題に成っています。

インフルエンザ

インフルエンザ(Influenzaとは  

インフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)とも言う。

発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる。ごくまれに急性脳症や二次感染により死亡することもある。

インフルエンザウイルス  

インフルエンザウイルスの構造から
画像の説明
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があり、このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になる。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になりCインフルエンザと呼ばれるが、毎年世界的な大流行を起こす一般的な生活の中で呼ばれるものとは症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きい。

A型とB型のウイルス粒子表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素、HA)とノイラミニダーゼ(NA)という糖蛋白は変異が大きく、インフルエンザの種類が多い要因となっている。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。

これらの亜型の違いは'H1N1 - H16N9'といった略称で表現されている。

ただし、このうちヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2008年現在では'H1N1、H1N2、H2N2、H3N2'の4種類である。

この他に 'H5N1、H9N1'などいくつかの種類がヒトに感染した例が報告されているが、これらの型ではヒトからヒトへの伝染性が低かったため大流行には至っていない。
ただし、いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは予言されつづけている。

ヒトに感染しない亜型のウイルスは鳥類や他の哺乳動物を宿主にしていると考えられている。
特に水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっており、自然宿主として重要な地位を占めていると考えられている。

また同じH1N1であってもさらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なり、年によって流行するウイルスの型は異なる。

B型は遺伝子がかなり安定しており、免疫が長期間続く。

また、C型は遺伝子がほとんど変化しないので免疫が一生続く。

これに対してA型は時々遺伝子が大きく変わるので、時折パンデミックを起こす恐れがある。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional